Garden

うっとり‥!

DSC_0133


いつもより、ちょっと早起きして、お庭を見て回るのが

毎日の日課‥

もう親バカの域ですが(笑)

みなさんには同じように見えるかもしれませんが、

昨日はツボミだったお花が咲いていたり、

重たいくらいたわわに実ったサクランボが、日に日に赤味を増していたり‥

私にとっては、同じ風景でも、毎瞬毎瞬が新鮮で、感動的!

‥なので、同じように見えるかもしれませんが(笑)

同じアングルの写真をいくつもアップしてしまいます(笑)


DSC_0135

雨に弱い、スパニッシュビューティー

儚くも花びらをはらはらと落とすものもありますが、

新たにツボミを開くお花もあり‥

その新旧交代ですら感動的です!

DSC_0129

テラスへと枝を伸ばす、フランソワ・ジュランビル

なぜだか一足お先に、1輪だけ、大輪を咲かせてくれました


DSC_0128


大好きなクレマチス”ニオベ”。

ビロードのような深い紅色の花びらがステキ!


DSC_0141


ピンクのナデシコが次々とお庭を彩ります

今年は少し小ぶりのシャクヤクも

次々と花開いてきます!


DSC_0142


あぁ‥どこを見ても、うっとり‥!!!


おかげさまで、週末は連日たくさんのお客様にお越しいただき

とても嬉しいです!

カワイイお花たちをたっぷり見てあげてください♡

今はスパニッシュビューティーとサクランボが一番カワイイスポット♡

そして、入口付近のローズマリー(バラ)や、

アーモンドの木の下のアンジェラちゃんが、ポツポツと咲き始めました‥!

これから1週間、2週間‥

一日づつお庭の様子も変わってきますし、

お庭はとってもとっても見ごろですので!

ぜひぜひ見にいらしてくださいm(^^)m

美味しいケーキをご用意して、お待ちしておりますm(^^)m


雨の日

DSC_0116


しとしと雨の降る一日

植物にとっては

恵の雨

DSC_0110


たっぷりと水を飲んで

活き活きとする草花


DSC_0112



花びらや果実から

したたる雨つぶは

太陽の光を受け

キラキラと光る


DSC_0111



春本番!

DSC_0068


さぁ! 最高のシーズンがやってきました♪


DSC_0071


入口のさくらんぼは、温かい陽に照らされ

日に日に大きく、赤く熟してきます


DSC_0082


そして門を縁取る

ピンクのフリルが美しい

スパニッシュビューティー!

今が一番の見ごろです!


DSC_0083


黄色いモッコウバラと

赤く色づいたサクランボ

そして、緑の芝生‥

コントラストが美しい!


DSC_0087


大好きな、ピンクのナデシコもいよいよ咲きそろいはじめました!

ナデシコがお庭を彩るときが、一番華やかで、大好きな時期!


これから、5月下旬まで、バラが次々と咲いてきます!

ぜひ、美しいお庭を見にいらしてください♪

皆様のお越しを、心よりお待ちしておりますm(^^)m


Lovely Roses

DSC_0004

お店の門に登るように仕立てたスパニッシュビューティーが

ポロリポロリと咲き始めました!


DSC_0005


お客さまをお出迎えするように

ピンと姿勢を正したお花‥


DSC_0006


ゆっくりと花びらがゆるみ

花開こうとするツボミ


DSC_0011


 咲いたよ!

と、話しかけてくれるみたい‥!


DSC_0002


たくさんのツボミが

ピンクにふくらみ

まだまだドキドキワクワクが止まりません!


DSC_0012


お花の後ろには、母の姿が‥

キレイなお花を咲かせてくれるように

お水を遣ったり

枝葉の整理をしたり‥

なかなか終わりません


DSC_0007


さぁ、バラのシーズン、いよいよ到来です♡

みなさんのお越しをお待ちしておりますm(^^)m




スパニッシュビューティーが咲きました!

DSC_10254


朝、いつものようにお庭をくるっとお散歩(偵察)すると

一番に目に入ったのが

スパニッシュビューティー!

やっと咲いてくれたのね!!!

門に寄り添うように枝を広げたスパニッシュビューティー

温かくなり始めたころ、アブラムシがついているのを見つけ

ムムム!と思いながらアブラムシをひねりつぶし
(去年までは素手で触れなかったのに‥この進歩!)

アブラムシにかじられ少し黒くなったつぼみをなでながら

 「元気にキレイに咲いてね」

と語りかけていた、その子が‥!

なんと一番にヒラヒラのドレスのような花びらを開いて

美しいお顔を見せてくれました!!!

もう、涙が出そうなくらい嬉しかった!


毎年、毎年、お花は咲いてくれるんだけど

やっぱり、自分が手塩にかけて育てると

こんなに感激が違うんだ‥と実感した春。


「きみたちは美しい。でも外見だけで、中身はからっぽだね」王子さまは、さらに言った。
「きみたちのためには死ねない。もちろんぼくのバラだって、通りすがりの人が見れば、
きみたちと同じだと思うだろう。でもあのバラだけ、彼女だけが、きみたちぜんぶよりもたいせつだ。
ぼくが水をやったのは、あのバラだもの。ガラスのおおいをかけてやったのも、あのバラだもの。
ついたてで守ってやったのも、毛虫をやっつけてやったのも。文句を言ったり自慢したり、
ときどきは黙り込んだりするのにまで、耳を傾けてやったのも。だって彼女はぼくのバラだもの」

それから王子さまは、キツネのところに戻った。
「じゃあ秘密を教えるよ。とてもかんたんなことだ。ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。
いちばんたいせつなことは、目には見えない」
「きみのバラをかけがえのないもにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」

  ‥サン=テグジュペリ「星の王子さま」 河野万里子訳(新潮文庫)より

ギャラリー
  • 台風一過
  • ぶどうのタルト
  • 雑貨入荷しました
  • Kanaloa Art~水彩画教室
  • Kanaloa Art~水彩画教室
  • Kanaloa Art~水彩画教室
  • ライブドアブログ