DSC_0587


2部、最初の演奏は、 兼武 ときこ さんのピアノとお歌です。

いつもの、優しく繊細で控えめなときこさんからは想像もつかないような

大きくパワフルな歌声が響いてきます。

もうそれは感動的で!心が震えるようでした!


DSC_0588


最後に数曲、みなさんと一緒に歌う曲をご用意してくださったのですが。

ときこさんは、地元のコーラスグループの指導や、

健康のための発声、お歌の教室をされてることもあり。

指導はお手の物♪ 

みなさん、とても楽しく声を出されていました。


DSC_0595


今日、音楽会と知らずに来てくださった、お庭でおくつろぎのお客様も、

「あ~いいなぁ~私も一緒に歌いたくなった~!」

と、飛び入りで♪一緒に歌ってくださいました。

自然とみなさんが歌いたくなるような雰囲気♪

そんな空間を自然に作り出される ときこ先生。

本当に、素晴らしいですね!

楽しい時間をありがとうございました。


DSC_0592


そして、音楽会、最後に、出演いただいたみなさんで。

スコットランド民謡の The water is wide~広い河の岸辺~ を演奏しました。

みなさん、個別で練習されて、当日お昼に少し合わせただけでしたが、

素晴らしいハーモニーでした♪


DSC_0603



プログラムはここで終了だったのですが

ちょうど、今日、音楽友達の、 ヤギリンゴ ちゃんが、

バラを見に来てくれる!ということだったので、

突然でしたが、スペシャルゲスト!ということで、数曲演奏してもらいました。

リンゴちゃんが、りんごの木に来てくれたよ~♪♪♪ウレシイ( *´艸`)

バラがいっぱいのお庭♪ということで、 バラが咲いた~ をみなさんと一緒に♪


DSC_0601


ヤギリンゴ ちゃん は、シンガーソングライターで。

ご自身、歌を作詞、作曲されるのですが。

私が大好きな曲 ” 木になれたら ” を歌っていただきました。

嬉しすぎて、涙がこぼれそうになりました( ;_;)りんごちゃんありがとう~

そんなりんごちゃんのHPはこちらからどうぞ → 


DSC_0608


音楽会が終わってからも、みなさん、お茶をしながら、

他のグループの方と交流したり、

お庭でくつろいだり‥と、ゆったりとした時間を過ごしてくださいました。


DSC_0610


お庭のお花たちも、よく、今日までもってくれました♪ ありがとう~♪


DSC_0612


イベントが終わって、片付けが済んで。

お庭に出て、お花たちを見ると‥

お昼とはまた違った表情を見せてくれるバラたち‥


DSC_0614


春、お庭が気持ち良い季節に…と、色々なイベントが開催されましたが。

5月最終日曜日の、この音楽会が一連のイベントの最終となります。

そう思うと、なんだか感慨深いものがあります^^


今回、出演いただきました皆さま。

ご来場いたきましたお客さま。

心からありがとうございました。


そして、イベント開催にあたって、

陰でいつも支えてくださる方々がいらっしゃいます。

椅子を貸してくださったり、

テントを貸していただいたり、

お菓子を袋詰めする備品を急遽分けていただいたり、、、

みなさんのご協力、お力添えがあるおかげで、

お客さまに心地よく楽しんでいただける空間を作ることが出来てます。

心から有難うございます。


そして‥

お庭のお花たち!

お花たちが美しく咲いてくれるおかげで、

お客さまが心地よく過ごしてくださって、

帰るときには、やわらかい笑顔で帰っていただくことが出来ます。

今日まで美しく咲いていてくれて本当にありがとう!


‥バラが咲いた‥

バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが
淋しかった ぼくの庭に バラが咲いた
たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで
淋しかった ぼくの庭が 明るくなった
バラよ バラよ 小さなバラ
そのままで そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラで
淋しかった ぼくの庭が 明るくなった

バラが散った バラが散った いつの間にか
ぼくの庭は 前のように 淋しくなった
ぼくの庭の バラは散って しまったけれど
淋しかった ぼくの心に バラが咲いた
バラよ バラよ 心のバラ
いつまでも ここで咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた ぼくの心に
いつまでも 散らない 真赤なバラが



今回、ときこさん、リンゴちゃんが歌ってくれた、”バラが咲いた”

この歌が、こんなに心に沁みるなんて‥

今年は開花が遅かったので、6月1週目くらいまではバラは見れるかと思います。

これが終わると、またお庭はまったく違う景色になってしまいます(;_;)

バラが咲いたの歌詞のように

私の庭は、前のように、寂しくなりますが、

バラは、心の明かりをともしてくれるでしょう


どうぞ、名残りのバラを見にいらしてくださいね

お待ちしております